tips

MT4でバックテストをする方法

MT4ではEAやインジケーターのバックテストや最適化をすることができます。

EAのバックテストを行うことで想定した条件通りにエントリーや決済が実行されているかを確認することができます。

弊社でEAを作成させて頂いた場合には、お届けした動作確認用のファイルをバックテストして頂き条件に間違いがないことをご確認頂きます。

今回はこの『バックテスト』の方法について簡単に解説していきたいと思います。

1.MT4からストラテジーテスターを起動させます

MT4の上部にある「ストラテジーテスター」のボタンをクリックします。
またはキーボードの「Ctrl」と「Rキー」を同時押ししてもOKです。

2.テスターの設定をします。

チャートの下部分にテスターの画面が開きますので、ここでバックテストの設定をします。
設定の方法は様々ですが、ここでは簡単な説明をさせて頂きます。

エキスパートアドバイザ/インディケータ

テストするファイルの種類を選択します。
EAのバックテストを行う場合は「エキスパートアドバイザ」を選択します。
選択したら右側のプルダウンから、テストしたいEAのファイルを選びます。

通貨ペア

バックテストしたい通貨ペアを選択します。

モデル

バックテストの方法を選択します。
ここでは「始値のみ」「コントロールポイント」「全ティック」の3種類から選択しますが、素早く簡単なテストをしたい場合は「始値のみ」を、詳細なテストをしたい場合は「全ティック」を選ぶと良いです。
EAの動作確認であれば通常は「始値のみ」で問題ありません。
EAの仕様によっては「全ティック」でテストする必要がある場合もあるので、その場合はこちらからご案内させて頂きます。

期間を指定(チェックボックス)

通常はチェックボックスにチェックを入れ、期間を指定してバックテストを行います。
チェックを入れると右側で「開始日」と「終了日」を入れることができるようになるので、ここでバックテスト期間を入力します。
バックテストは期間が長くなればなるほど時間がかかります。
EAのエントリー頻度によって変わりますが、動作確認が目的の場合は直近1か月ほどの期間で問題ないかと思います。
エントリー頻度が低いEAの場合は適宜期間を調整してください。

ビジュアルモード(チェックボックス)

こちらもチェックを入れておくと、実際にチャートの動きを見ながらエントリーや決済のタイミングを確認することができます。
チェックボックスの右側にあるスライダーでチャート進行のスピードを調整することができます。

期間

ここはバックテストをするタイムフレームを選択します。
ヒストリカルデータがないと正しくテストすることができないので、マイナー通貨ペアのバックテストをする場合には予めデータのインストールが必要になる場合もあります。

スプレッド

ここは基本的には「現在値」のままでOKです。

最適化(チェックボックス)

動作確認の場合は不要なのでチェックボックスは外しておいてください。
最適化についてはまた別の機会で詳しく解説したいと思います。

ここまでの設定ができたら準備完了です。
右下部分の「スタート」を押してバックテストを開始してください。

3.テスト結果を見る

バックテストが完了するとテスト結果を見ることができます。
チャート上にもエントリーと決済の位置に印が出ますので、きちんと動作しているかを確認することができます。

グラフタブでは残高の推移をグラフで確認することができます。
今回はMT4に標準搭載されている移動平均線のMAでテストしてみましたが、ほとんど利益の出ない結果となりました。

レポートタブではトレードの回数や勝率など、EAの詳細なデータを確認することができます。

最後に操作履歴タブです。
正常にバックテストできた場合はチェックする必要はないのですが、バックテストできない場合などはまずここをチェックしてみてください。
エラーが原因でEAが動作しない場合はここにエラーの内容が表示されます。

とりあえず今日はここまでにしたいと思います。

GMOクリック証券のヒストリカルデータをMT4にインポートする方法をまとめました!

MT4にGMOクリック証券のヒストリカルデータをインポートする方法

-tips

© 2022 MT4 Studio | 業界最安値のEA・インジケーター作成代行